Wellness Station TOKYO2021

Wellness Station TOKYO2021

東京駅八重洲口、グランルーフ2階にて2021年5月12日(水)~9月5日(日)の期間開催している「ウェルネスステーション東京2021」(一般社団法人日本パラスポーツ推進機構 主催)。このイベントはパラスポーツの普及や障がい者の「健康促進と自立支援」について理解を深めてもらうこと等を目的に、パラスポーツの紹介や障がい者が生産に携わった食品や工芸品などの販売ならびに、ウエルアップとして健常者、障がい者隔たり無く健康を目的とした健康測定機器を常設として置かせていただいております。

今回そのスペースを利用して、常設の測定器5機種以外に追加で企業の健康経営に役立つ4機種を無料で体験できる無料測定会を開催させていただくことになりました。

開催日 2021年7月19日(月)~21日(水)

開催時間 11:00~18:00

場所 ウェルネスステーション東京2021
JR東京駅八重洲口 改札外 グランルーフ2階
※ページ最下部の地図をご参照ください。 

追加4機種の詳細は以下になります。

姿勢計測システムShiseiCam
カメラから骨格情報を得ることで、姿勢のゆがみや体のねじれを簡単に計測・分析できる

X-BOXというゲーム機器でも使用され、人の関節を読みとることのできるキネクトカメラを使用し、カメラの前で4ポーズとるだけで姿勢を点数化、より良い姿勢にするためのストレッチの提案などを行ってくれます。イベントでの使用はもちろん、企業での社員の健康維持やジム等での会員様の経過観察にも使えます。

【歩行姿勢測定システム
センサーカメラに向かって6m歩くだけで、歩行年齢や歩行姿勢を簡単に計測できる

「歩行速度」「揺れ」「左右差」「身体の軸」「腕振り」「足の運び」の6つの分野に分け、5段階で点数を表示します。年齢・性別の平均と比較することができ、改善すべきポイントが具体的にわかります。企業の工場作業員の転倒予防施策として、また介護施設でのリハビリの効果確認等など幅広くご使用できる機器になります。

【野菜摂取状況測定器 ベジメータ
わずか10秒で指先の⽪膚カロテノイドだけを光学的に測定して⼈体の野菜摂取状況をスコア化(見える化)できる

野菜不足が数字で見える機械!「野菜は大切です」「野菜を摂りましょう」と言われているものの、自分の体に野菜が足りているか知っていますか?この測定器で測れます。緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの数値を指先で手軽に測定可能です。
栄養相談での活用はもちろん、イベント等での集客効果は高いものになります。

【骨盤底筋トレーニング装置HNJ-1000
モニターを使用して骨盤底筋の収縮と弛緩をリアルタイムで確認することにより、骨盤底筋運動を正確に行える

骨盤底筋ってご存じですか?例えば尿漏れ等で悩んでいる方の多くは、この骨盤底筋が緩んでいるので鍛えることで解消ができます。他にも姿勢を安定させたり、内臓を正しい位置で維持するという結構大事な筋肉群です。そこをゲーム感覚で鍛えることができるマシンです!尿漏れは20代以上の2人に1人が経験したことがあるという調査があるほど身近なものです。他人事とは思わずに是非一度測定もできるのでお試しください!

上記の最新4機種に加えて、下記常設5機種も含めた計9機種をご用意して皆様のご来場をお待ちしております。
コロナウイルス蔓延の影響で、私たちの生活スタイルは大きく変化しました。
自粛生活や在宅勤務が長期化し、運動不足やうつなど多くの健康課題が問題視される中で、ヘルスケアの重要性が改めて見直されています。
今回ご紹介する機器をご活用頂き、企業であれば健康経営の1アイテムとして、
また、なかなか人を集めることも難しい状況ですが、イベントであれば、健康の大切さを伝えて頂く催しなど、測定器が何かの力になればと考えております。
もちろん、純粋にその測定結果を知りたいという方や体験してみたいという方のご来場もお待ちしております。
予約不要、弊社スタッフが1名以上常時在中しております。
機器の使用方法や販売、活用方法等についてのご相談も現地で受付けております。
皆様のご来場をお待ちしております!

<会場常設機種>
※ウェルネスステーション東京2021オープン時間内であればいつでも測定頂けます。

脳年齢計「ATMT」

体内糖化度測定装置「AGEsセンサ」

血管年齢計「メディカル・アナライザー」

血管年齢・ストレス測定器「ボディチェッカー」

骨健康度測定器「骨ウエーブ」

無料測定会カテゴリの最新記事