CPRフィードバック機能搭載 ZOLL AED Plus

胸骨圧迫を効果的にサポートすることで、より高いレベルの一次救命処置を実現

CPRフィードバック機能搭載 ZOLL AED Plus
販売・レンタル価格表
標準価格
オープン価格
5年リース(月額)
別途見積
レンタル
レンタル対象外

お見積り・お問合せ依頼

製品カタログ ダウンロード

製品詳細を見る
  • 一体型電極パッズ(CPR-D・padz)でスムーズな装着
  • 安心の5年間パックを提供!

製品画像

CPRフィードバック機能搭載 ZOLL AED Plus 製品画像

製品詳細

ZOLL AED Plusは胸骨圧迫を効果的にサポートすることで、より高いレベルの一次救命処置(BLS)の実現を目指したAEDです。 ZOLL AED PlusはCPRフィードバック機能(Real CPR Help)により、実際の胸骨圧迫のフィードバックを行い、質の高い胸骨圧迫へ誘導します。 また一体型電極パッズ構造により、スムーズなパッズ装着を実現します。

○CPRフィードバック機能搭載
・音声とディスプレイ表示で、リアルタイムにフィードバックし、より質の高い胸骨圧迫へサポートします。
・100回/分に誘導します。
・AEDがしゃべり、5cm以上押すように指示します。

○一体型電極パッズ(CPR-D・padz)でスムーズな装着!
・通常の装着方法(CPRせんさーで位置決め、電極パッズの装着)
・体が大きい方、女性の方、未就学児にやむを得ず装着する場合などの特殊な接着例

○安心の5年間パックを提供!
・成人用パッズ 有効期限:製造より66か月(5年間交換不要)
・AED Plus 保証期間5年間
・バッテリ5年間買い替え不要

○【ひねりマッサージ】

※AEDの電極パッズには有効期限があり、定期的な交換が必要です。また、セルフテストやAEDの電源を入れた時、バッテリの電力を消費するため、バッテリ不足の警報が鳴った場合はバッテリの交換が必要です。これらの交換を適切に実施しないと、万一の時に使えないケースも発生しかねません。AED Plusの5年間パックでは、AEDの保証期間(5年間)の間、消耗品の定期交換に費用が発生しません。

胸骨圧迫の重要性とCPRフィードバック機能
日本でも徐々に普及し始めたAED。 しかし電気ショックを与えるだけで蘇生できるとは限りません。

AEDとは、電気ショックにより心臓の状態を回復させる機器ですが、 心臓が痙攣した状態(心室細動など)でないと有効ではありません。 完全に心臓が止まっている状態に対してはAEDは電気ショックを与えません(自動で電気ショックの要否を判断します)。 胸骨圧迫(心臓マッサージ)で血液を循環させ心臓と脳に酸素を配給することは、電気ショックの成功率を高め、さらに脳へのダメージを即なくすることに繋がると言われています。

実際、心停止で倒れた傷病者のうち、電気ショックが適用できる心電図(心室細動など)を示す割合は50%以下と言われています。 一方、適切な胸骨圧迫は100%の傷病者に対して必要です。

AEDは単に電気ショックを与えるだけでなく、救助者をもサポートするべきであると考え、CPRフィードバック機能をAEDに搭載しました。 これは、パッズに埋め込まれた加速度センサーにより胸骨圧迫の深さ・速さを観測し、適切な胸骨圧迫となるように音声ガイダンスとAED本体上のディスプレイ表示によりリアルタイムにサポートするものです。

JRC蘇生ガイドライン2010では、CPR(心肺蘇生)の中でも、胸骨圧迫の重要性が再認識され、救命の際の胸骨圧迫の中断時間を最小限にすることがより強調されました。胸骨圧迫の質を向上させることがCPR(心肺蘇生)の質を向上させ、無事に復帰できる可能性を高めることに繋がります。

AEDとは?
自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)とは、心臓が痙攣し血液を送り出すポンプ機能を失った状態(心室細動など)の傷病者に対して、心電図の測定・解析を行い、必要に応じて電気ショックを与え、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。 AEDは自動的に心電図を診断し、電気ショックを与える必要があるかどうか判断するので、医学的な知識が少ない一般市民でも音声ガイダンスに沿った簡単な操作で救命処置が可能です。

なぜAEDが必要なのか?
心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割を果たしているため、心臓が停止したら血液が送り出されなくなります。心臓が停止すると時間の経過とともに、1分間遅れるごとに7~10%ずつ救命率が低下すると言われています。 従って、いかに早く処置を開始するかが救命の鍵となります。突然の心停止の原因のひとつが心室細動です。この心室細動を治療する有力な方法は、電気ショックにより除細動をすることであると言われています。 そのため、除細動が必要な心電図波形かを判定し、電気ショックをするAEDが必要なのです。

※心室細動とは
突然心臓が規則的に拍動しなくなり、心筋が無秩序に興奮している状態です。心電図では、不規則な波形がみられ、心臓はポンプとしての機能を果たすことができません。心室細動は自然に回復することがほとんどなく、効果的な治療法は電気ショックを与え、正常な拍動を取り戻す(除細動を行う)ことであると言われています。

仕様

基本セット付属品 リチウムバッテリ10本、除細動電極:CPR-D・padz、pedi・padzⅡ(オプション品)、
ソフトケース、救急セット、設置ステッカー、文書類一式
波形 定電流二層式波形(RBW波形)
出力エネルギー 接続した除細動電極により自動選択
成人モード:120J、150J、200J
小児モード:50J、70J、85J
解析 心電図を評価し、除細動が必要かどうかを識別。
除細動が必要な場合、除細動エネルギーが充電され、電気ショックを行う準備が整う。
ショックが必要なリズム:心室細動、心室頻脈
フィードバック機能 胸骨圧迫の速さと深さの情報がAED本体へフィードバックされ、
①胸骨圧迫時に発するリズムオンにより、100回/分の圧迫速さに誘導
②5~6cmの圧迫深さを促す音声案内とメッセージ表示により、適切な胸骨圧迫をサポート
音声メッセージ機能 救助者にAED Plusの使用方法を音声案内
メッセージ表示機能 救助者にAED Plusの使用方法をメッセージ表示によりガイド
インジケータ幼児 電気ショックの回数、電源をオンにしてからの経過時間、胸骨圧迫の深さのディスプレイへの表示
寸法 13.3cm×24.1cm×29.2cm(高さ×幅×奥行き)
重量 3.1kg
動作温度 0℃~50℃
保管温度 -30℃~60℃
湿度 相対湿度10%~95%、結露なし
衝撃 IEC60068-2-27, 100G
高度 -91m~4,573m
航空機 RTCA/DO-160D(1997年)第21節、カテゴリM-すべての動作モード

販売・レンタル価格表

機器名 標準価格 5年リース
月額
レンタル価格
3日間
まで
7日間
まで
CPRフィードバック機能搭載 ZOLL AED Plus オープン価格 別途見積 レンタル対象外

レンタルの流れ

見積もり依頼

お客様より下記フォーム(FAXまたはメール)にてお見積りをご依頼ください。

メール用見積もり依頼フォームメール用見積もり依頼フォーム
弊社からご連絡

ご希望日のレンタル機器の空き状況を確認し仮予約をいたします。
(予約状況により、ご希望に添えない場合がございます)

・弊社よりレンタル見積書/注文書/レンタル依頼書を送信いたします。

レンタルの流れ

注文書にご捺印、レンタル依頼書に必要事項をご記入の上、ご返信ください。
レンタル注文書等を弊社が頂いた時点でレンタルの契約が成立となります。

レンタル期間と機器の返却日について

機器がお客様の元に到着した日を0日とし、
3日間レンタルの場合は到着から3日後の発送をお願いします。
同様に7日間レンタルした場合には、機器到着から7日後がお客様発送日となります。

レンタル期間と機器の返却日について

長期レンタル(7日以上)について

7日以上の長期レンタルに限り別途お見積りをさせて頂きます。
下記フォームよりお問合せください。

メール用見積もり依頼フォームメール用見積もり依頼フォーム
測定スタッフについて
レンタル時の測定スタッフ派遣費用 ¥25,000/1名 *別途交通費
(宿泊を伴う場合、別途宿泊費も発生いたします。)
価格、送料、消費税について
  • 機器の価格には消費税は含まれておりません。
  • 月額リース料は、標準価格より算出しております。
  • 料率によりリース金額は変動することがあります。
  • レンタルの場合、機材運搬費は別途申し受けます。

ページトップへ戻る